松本様 レックスくん(チワワ)

0

     

     

    我が家の愛犬レックス(チワワ)がチャオさんに初めてお世話になったのは、

    5歳になった時でした。

    きっかけは住んでいた戸建てから集合住宅へ引越しが決まったことです。

     

    基本的なしつけ(オスワリ・お手・マテ・フセ・トイレトレーニング)はできていましたが、

    リードをぐいぐい引っ張ったり、気になったところですぐ止まったりと

    うまく散歩ができずに困っていました。

    また、 子犬のころの入院生活が影響したのか、社会性を身につけさせることができず、

    散歩中に他の犬に吠えてしまい、前方に犬を発見すると遠回りをして避ける毎日でした。

    これでは廊下やエレベーターで他の犬と一緒になったら大変・・・と思い、

    ドックトレーナーを探している中でチャオさんに出会いました。

     

    初日に石鍋先生から伺った犬と飼い主の関係性のお話は目からうろこでした。

    日々のしつけについてはきちんとできているという自負があったせいか、

    私たち飼い主の接し方が甘く、

    レックス自身が自分をリーダーだと思っているという考えが全くなかったからです。

     

    それからは週に1度トレーニングに来ていただき、

    教わったリードを使った室内トレーニングを毎日実践しました。

    私たちの接し方が急に変わったので最初はレックスも戸惑っていましたし、

    私たちもかわいそうに感じてしまうところもありました。

     

    しかし先生に話を聞いていただいたり、

    家族でトレーニングの大切さを話し合ったりしていく中で、

    だんだんレックスの態度に変化が現れてきました。

     

    そして室内トレーニングが終わり、散歩のトレーニングを行って3回目くらいでしょうか。

    他の犬とすれ違ってもまったく吠えることなく通り過ぎることができるようになったのです。

    その時は先生と一緒に「レックス頑張ったね!!」と喜びを共有できてうれしかったです。

     

    今では散歩中に前方から他の犬が来るとオスワリをしてやり過ごし、

    横断歩道を待ってる時でもオスワリをして待てるようになりました。

    お散歩大好きでちょっと先に行こうとしてしまうこともありますが、

    以前に比べれば大分横について歩けるようになりました。

    新居でも落ち着いて過ごすことができ、

    チャオさんにお世話になって本当に良かったと思っています。

    石鍋先生、本当にありがとうございました。


    コメント
    コメントする