中島様 ゴテンくん(トイプードル)

0

     

     

    我が家にゴテンが来たのが生後2カ月くらいの頃。

    犬カフェのオーナーがブリーダーだったので、

    ゴテンもその環境で育ち

    犬にも人にも社交的でいい子だなぁと思っていました。

     

    ところが半年目くらいから変化が…

    やたらと壁や家具をかじる。

    物音に敏感で日中も夜中も吠える。

    甘噛みがエスカレートし手から血が出る。

    このままオトナになったらヤバい…

    そこでネットで検索したところ、近所にトレーナーさんが。

    早速連絡して初回カウンセリングを受けました。

    8ヶ月くらいの頃でした。

     

    石鍋先生の見立てでは、

    自分が家長と思っていてそれがストレスとなり様々な弊害が出ている。

    また人間から受ける愛情に慣れきってしまっているので、

    言うことを聞かなくなっているとのことでした。

     

    トレーニングがスタートしました。

     

    家でもリードを付けておいてコントロール、

    おしっこコールの導入、上下関係回復のための距離のとり方など…

    平行してマテなどの基本も教えていただきました。

     

    次第に吠えることも減って、噛むこともなくなり、トイレも上手になって

    言うことを聞くようになり、トレーニング毎にどんどん成長していきました。

    「オスワリ」と「オテ」も怪しかったのに今では

    「フセ」「マテ」「ヨシ」「ツケ」「モッテコイ」「ダメ」「イケナイ」…

    どんどん覚えていきます。

     

    また人間の方も学ばせてもらいました。

    先生とはトレーニングの時しか会わないのに、

    褒め方とリードコントロールでゴテンは必ず言うことを聞きます。

    厳しくする部分、褒めて伸ばす部分。

    つい甘やかしがちになりますが、飼う人間も変わらないと

    駄目なんだということがわかりました。

     

    学ばせていただいたことは、これからも忘れず実践していきたいと思います。

     

    終わってしまうと非常に寂しいですが、近いのでお散歩がてら顔を出させてください。

    お世話になりました。有難うございました。

     


    コメント
    コメントする