中島様 ゴテンくん(トイプードル)

0

     

     

    我が家にゴテンが来たのが生後2カ月くらいの頃。

    犬カフェのオーナーがブリーダーだったので、

    ゴテンもその環境で育ち

    犬にも人にも社交的でいい子だなぁと思っていました。

     

    ところが半年目くらいから変化が…

    やたらと壁や家具をかじる。

    物音に敏感で日中も夜中も吠える。

    甘噛みがエスカレートし手から血が出る。

    このままオトナになったらヤバい…

    そこでネットで検索したところ、近所にトレーナーさんが。

    早速連絡して初回カウンセリングを受けました。

    8ヶ月くらいの頃でした。

     

    石鍋先生の見立てでは、

    自分が家長と思っていてそれがストレスとなり様々な弊害が出ている。

    また人間から受ける愛情に慣れきってしまっているので、

    言うことを聞かなくなっているとのことでした。

     

    トレーニングがスタートしました。

     

    家でもリードを付けておいてコントロール、

    おしっこコールの導入、上下関係回復のための距離のとり方など…

    平行してマテなどの基本も教えていただきました。

     

    次第に吠えることも減って、噛むこともなくなり、トイレも上手になって

    言うことを聞くようになり、トレーニング毎にどんどん成長していきました。

    「オスワリ」と「オテ」も怪しかったのに今では

    「フセ」「マテ」「ヨシ」「ツケ」「モッテコイ」「ダメ」「イケナイ」…

    どんどん覚えていきます。

     

    また人間の方も学ばせてもらいました。

    先生とはトレーニングの時しか会わないのに、

    褒め方とリードコントロールでゴテンは必ず言うことを聞きます。

    厳しくする部分、褒めて伸ばす部分。

    つい甘やかしがちになりますが、飼う人間も変わらないと

    駄目なんだということがわかりました。

     

    学ばせていただいたことは、これからも忘れず実践していきたいと思います。

     

    終わってしまうと非常に寂しいですが、近いのでお散歩がてら顔を出させてください。

    お世話になりました。有難うございました。

     


    山口様 リクくん(柴犬)

    0

       

      石鍋先生、色々お世話になり有難うございました。

      リクは三か月の時に我が家にやって来ました。
      我が家に来た時から噛み癖があったのですが、

      歯が生え変わる頃には自然となくなるのかと

      勝手に考えてそのままにしていました。

       

      生後8か月になり、歯もすっかり生え変わったというのに

      噛み癖はエスカレートしていくばかり。

      リビングでリクと一緒にゆっくり過ごすことが出来ず、

      私達もリクもストレスフルな毎日を過ごすことになってきました。

      このままではいけないと思い、

      石鍋先生に相談させて頂くことにしました。

      初めて犬を飼う私達にとって、

      噛み癖以外の躾なども今のやり方でいいのか不安に思う毎日でしたので、

      毎週石鍋先生にお目にかかって色々ご相談させて頂けることは

      本当に嬉しかったです。

      10回の出張トレーニングを終えて、噛み癖はすっかり直りましたし、

      おすわり、お手、待て、呼び寄せも出来るようになって

      とってもいい子になりました。

      また機会がありましたら、

      リクが大好きな石鍋先生と玉緒ちゃんにお目にかかりたいです。

      本当にお世話になり有難うございました。


      松崎様 こたろうくん(北海道犬)

      0

         

        我が家のこたろうは生後2か月で家族の一員になりました。
        北海道犬ということであっという間に大きく成長していきました。
        生後8か月になりトイレトレーニングもお手、おすわりもできていましたが、

        日本犬特有の頑固さと臆病さもあり、

        どうしても室内の階段がひとりで降りられず、

        散歩の度に格闘し、抱っこして階段を降りるという日々でした。
        このままでは大変、あま噛みもあるしということで知人に教えられた

        犬の幼稚園に相談することにしたのでした。
         

        石鍋先生からは、飼い主である私とこたろうとの関係性について

        ご指摘を受けました。

        日中、長時間の留守番が多いので淋しいだろうと思って

        ついつい甘やかしていたと思います。
        10回のトレーニングで、

        飼い主の気持ちもこたろうもだいぶ変わったと思います。

        室内の階段もひとりで降りることができるようになりました。

        あま噛みもしなくなり、益々可愛い愛犬になりました。
         

        今後の成長は、飼い主の根気にかかっていると思います。
        教えていただいたことは手帳に書き込んであります。
        また、お世話になることもあると思います。

        そのときはよろしくお願いします。

        素敵な幼稚園の卒園生として、そして石鍋先生の教え子であると自覚して、

        これからも元気に成長していきたいと思います(byこたろう)


        藤田様 ベルちゃん(ビーグル)

        0

           

          石鍋先生、藤倉先生に大変お世話になりました。
          ありがとうございました。

          ベルは3ヶ月の時にうちにやってきました。
          うちには先住犬の11才のビーグル犬がいるのですが、遊びたくて吠えたり噛んだりでした。
          他のワンちゃんにも遊び方が分からなくて、飛びついたり、しつこくして嫌がられたり。

           

          幼稚園に行き始めてからは先住犬とも上手に遊べるようになり、

          ドッグランでもどんな子とも上手に遊べるようになりました。
          相変わらずイタズラ大好きの甘えん坊ですが、

          犬も人間も大好きで本当に性格のいい子になってくれました。
          幼稚園に行って先生方やお友達と過ごす時間は社会性を身につける貴重な時間でした。
          本当にありがとうございました。


          赤崎様 おもちくん(MIX)

          0

             

             

            おもちを我が家に迎えたのは生後2ヶ月の時。

            その頃から超が付く程のやんちゃぶりで、

            散歩中には道に落ちている物は何でも食べ、

            出会ったわんちゃんにはすぐ吠え、噛み癖もひどく

            リードを付ける時や洋服を着せる時など苦手な事をされる時は

            容赦なく噛み付いてきていました。

             

            初めて犬を飼う私たちにとって、

            躾は大きな悩みとなっていたため、石鍋先生に相談させて頂きました。

            そこでわかったのは私たちにとって一番大切なのは、

            飼い主としての意識改革とおもちとの関係性の見直しということ。

            それまでは可愛さにかまけて厳しく接するという事を怠っていましたし、

            やんちゃなのはおもちの性格だから仕方ないと思ってしまっていたところがあったかもしれません。

            そのため既に我が家での立場は人より犬の方が上という関係性が出来ていました。

            その事も含め先生と話さなければ気付かなかったことがたくさんありました。

             

            出張トレーニング中は、その都度悩みを聞いて頂き、

            ちょっとした変化があればまた違う訓練方法を教えて頂いたりと、

            常に親身になって私達の目線で様々な提案をして頂きました。

            その甲斐あって徐々に日々の生活で変化が見られ、

            悩みであった拾い食いや噛み癖はかなり改善することができました。

             

            スクールのわんちゃんとも一緒にトレーニングができ、

            まだ臆病なところはありますが教えて頂いた事を根気強く続けていけば

            他のわんちゃんとも良い接し方ができていくと思います。

             

            最後に玉緒ちゃんと並んでお散歩が出来たことは、

            すごく嬉しくとても成長を感じられ親として自信になりました。

             

            また機会がありましたら、

            幼稚園で他のワンちゃんと遊ばせてあげられたらな、と思います。

            本当にお世話になりました。

             


            中野様 どんべえくん(柴犬)

            0

               

              柴犬どんべえをお迎えしたものの、犬を飼うのは初めてであったことと共働きの為、

              子犬のうちに効率的・効果的に躾を学びたいと思い、出張訓練をお願いしました。

              子犬の成長と共に気になる躾のポイントは変化していきますが、訓練の内容・タイミ

              ング共に臨機応変に対応いただき、生後8ヶ月になった今はすっかりいい子に成長し

              てくれました。

              ありがとうございました!


              伊藤様 ロクスケくん(柴犬)

              0

                 

                柴犬のロクスケが我が家の一員になったのは、生後二ヶ月の時でした。

                正直言って衝動買い(飼い)でした。

                大変なのは覚悟をしていましたが、トイレトレーニング、散歩の仕方、要求吠え、

                膨大な種類の餌、留守番のさせ方等々、

                「このやり方で正しいのか」と悩みながら過ごしてきました。

                 

                ネットでチャオさんを見つけたのは、ロクスケとの生活も少し慣れてきた時でした。

                「名前を呼んでも来ない、リードをつける際逃げる」「散歩の時、強く引っ張る」

                「もう少し落ち着いて欲しい」「待て!!」

                出来なくても困るわけではないのですが、出来るようにしたい。

                これからずっと沢山の人と関わっていくのだから。

                 

                お陰さまで、少しずつ出来ることが増えてきました。

                それと何より、ワタシの手探りでのしつけ方法や、

                ロクスケとの距離感、歯磨きや餌、リードの種類、

                不安に思っていることを細かく相談できるのが心強かったです。

                慣れた自宅でトレーニングが出来、時にはお散歩、

                タマオチャン(スタッフ犬)とのトレーニングもロクスケは大喜びでした。

                 

                教えていただいた事はこれからも、練習を積みたいと思います。

                そして、ロクをもっともっと可愛がってやろうと思います。

                石鍋さんお世話になりました。ありがとうございました。


                マリンくん(マルチーズ) 飼い主様より

                0

                   

                   

                  我が家のマリンは家にやってきた子犬の頃からの甘噛みがエスカレートし、気に入ら

                  ないことがあると指示を聞かず噛みつく、唸る、マーキングをするなどの問題行動が

                  多く、このままでは事故が起こりかねないとしつけ教室を探し、こちらにお願いする

                  ことになりました。

                  知らない人には吠えるのが当たり前だったマリンがいらしてくれた石鍋先生には最初

                  からなつき、これで安心だと思ったのもつかの間、秘密兵器を使っても一向にへこた

                  れず反抗的な態度をとるので、もう駄目なのだろうかとがっかりしたのも今では笑い

                  話です。

                  私たち家族の態度、犬との接し方、犬個人の気質。それらを総合的に踏まえたレッス

                  ンをしていただき、どう接したらいいのか、問題行動に対する対処法、また、褒める

                  際のポイントなど丁寧に指導していただき、十回のレッスンを終えて見違えるように

                  落ち着いたいい子になりました。

                  まだ不安定ではありますが散歩中、先に進みたくて二本足で跳ねるように引っ張って

                  いたマリンはもういません。横について歩き、こちらが止まれば足を止め、私たちが

                  注意してリードをすれば他のおうちの子に吠えることもなく、なんと最終レッスンの

                  後には同じエレベーターによその子と乗り合わせても吠えるのを我慢できるようにな

                  りました。

                  とっさに噛みつこうとしてくることはありますが、力加減を覚え、流血沙汰もなく、

                  今では室内にいくつも置いていたトイレはケージの中にたったひとつきりです。悩み

                  の種だった夜中の要求吠えもなくなり、夜中にたびたび起こされていたのが嘘のよう

                  な平穏さです。

                  本当にいい子になりました。これからも先生の指示を守りながらマリンとコミュニ

                  ケーションをとっていこうと思います。ありがとうございました。


                  工藤様 花ちゃん(ヨークシャーテリア)

                  0

                     

                    チャオさんにお願いすることになったのは、

                    花ちゃんが咬むようになったからでした。

                    それとついでに、吠え癖も直れば…とも思っていました。

                     

                    花ちゃんは我が家にとって2代目のわんちゃんで現在6歳、

                    先代の同じヨークシャーテリアが亡くなって悲しい思いをしていた中、

                    我慢しきれず迎え入れた子だったので、それはそれは可愛がりました。

                    それがいけなかったのか……。

                     

                    そもそも花ちゃんはヤンチャで、過激…とも言える子でした。

                    うちでは「暴走族」などと呼んだりして…()

                    それが笑っていられなくなったコトの始まりは、ここ1年くらい前のこと…。

                    少しずつ咬むようになり、そして、だんだん咬み方が強く激しくなり、

                    咬まれて流血するようになりました。

                    ある時は、咬まれた指を離そうとして腕を上げたら花ちゃんが体ごと浮いた…。

                    そのくらい思いきり咬んで、くわえた指を離そうとしなかった…。

                    この被害者は主人です。

                    私は今のところ大丈夫…と思っていましたが、

                    そのうち被害はこちらにも及びだし、ある時は、

                    指の表からと裏からの両方から思いきり咬まれ、瞬間的ながらも

                    『これは食いちぎられるかも…。』という気持ちがよぎったほどでした。

                    私たちの中に、花ちゃんに対する恐怖心が芽生え、

                    これはどこかしつけ教室を探さなければ!!!と思って

                    ネットで見つけたのがチャオさんでした。

                     

                    面談に伺った時には、石鍋先生が対応して下さいましたが、優しくて、

                    花ちゃんに愛情をもって接して下さり、しつけの方針なども

                    とても分かりやすく説明して下さいました。

                    愛情をもって接して下さる…。ここは、実は、私たち夫婦には

                    とても有り難いことであり、先生選びとしては重要ポイントでした。

                    というのは、他のトレーナーさんにもしつけをお願いしたことがありましたが、

                    その事に疑問を感じる先生だったからです。

                     

                    石鍋先生にうちにいらして頂くようになって意外だったのは、

                    私たちが甘やかし過ぎだった…ということ。

                    私たちは、普段、あまりかまってあげてない、

                    あまり遊んであげてない…という罪悪感がありましたが、

                    ポイントは、一緒にいる時間にかまい過ぎだった…ということでした。

                    ちょっとした観点やポイントのズレで、花ちゃんへの影響は大きく違っていたようなのです。

                    でも、それが花ちゃんへいい効果をもたらすようにするには、

                    私たち夫婦が考え方を変えなければなりません。

                    そして、それを実戦しなければならない…。

                    全ては私たち次第だということが習っていくうちに解っていきました。

                    飴とムチ…、いや…ムチは極端でしょうが、でも、愛情を巧く使い分けなければ…

                    という意味で言えば「飴とムチ」なんだと分かりました。

                     

                    10回のトレーニングを終えて、花ちゃんはだいぶ変わりました。

                     

                    以前は吠え始めたら「ワンワンワンワンワン……!」と結構長く吠えてましたが、

                    今は黙〜〜ってる時もありますし、吠えても1〜2回程度になりました。

                     

                    以前は、撫で撫でしようとしても、「触らないでよっ」と言わんばかりに、

                    頭を触られないように避けて、まるで生意気な女子中高生みたいな態度でしたが、

                    今はどうにか撫で撫でさせてくれます()

                     

                    そして、咬むこと…。これは、まだ完治とはいきませんが、

                    咬まれないための対策とか、咬まれた場合の対応策などを教えて頂きましたし、

                    花ちゃん自身を見ても『多分、いずれ、咬まれる心配をしなくてもすむ時が、

                    きっと、いつかは訪れるでしょう(微笑)。』と思える気配が感じられます。

                    多分、私たち次第です。頑張ります。

                     

                    チャオさんのおかげ、石鍋先生のおかげで、これから花ちゃんと、

                    今まで以上に楽しい生活を送れると思います。

                    有り難うございました。

                    又、単発トレーニングや幼稚園などでお世話になるかと思います。

                    その時は宜しくお願い致します。


                    山田様 ハドリアヌスくん(マルチーズ)

                    0

                       

                      今まで大型犬から小型犬、色々な犬たちと過ごし、

                      人生最後の犬を一番良い子に育てようと思ったのが大間違い。

                      一番手のかかる子でチャオさんに頼る事にしました。

                      はじめは先生の一声でお手をするなどの技術的な事に驚きましたが、

                      授業の進む中で根本的な問題はハディでなく、

                      飼い主の私の意識の持ち方にあると言う事に

                      気づかせていただけたことが、大きな収穫だったと感じました。

                      先生の姿勢を見せていただいたから気づいた事で、

                      本の知識だけでは無理だったと思います。

                      石鍋先生ありがとうございました。

                       


                      | 1/4PAGES | >>